IT COULD HAPPEN TOU YOUのイントロ・エンディング

IT COULD HAPPEN TO YOU_IntroEnding

ジャズスタンダード「IT COULD HAPPEN TO YOU」の定番のイントロ・エンディングを学びましょう!

目次

IT COULD HAPPEN TO YOUの定番のイントロ・エンディングを練習しよう!

IT COULD HAPPEN TO YOUの定番イントロと言えば、Miles Davis Quintetの”RELAXIN’ WITH THE MILES DAVIS QUINTET”に収録されているRed Galandによる演奏でしょう。

Concord
¥1,893 (2024/07/17 09:27時点 | Amazon調べ)
IT COULD HAPPEN TO YOUのINTRO,ENDING

PDFはこちらからダウンロードしてください(無断転載禁止)。

PDF IT COULD HAPPEN TO YOU Intro、Ending

イントロについて

サブドミナントであるA♭△7から始まるイントロです。

4,5,6小節目にかけてGm7⇒G♭m7(F#m7)⇒Fm7に向かう半音下降の進行になっています。

7小節目や9小節目のように、左手のシンコペーションはリズムを出す意味で効果的です。

エンディングについて

このエンディングは、そのキーの5度から半音ずつ下降していきますが、Vm7だけではなく、V7、V△7などにしても特に問題なく使えます。

正直どれでも良い(自分の好み次第)と思いますが、とりあえずはVm7からやってみるのが良いと思います。

内声を気にするよりはむしろ、リズムをしっかり出すことが求められます

モンモン

元の音源をしっかり聞いて、そのリズムを脳に叩き込みましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MonMonのアバター MonMon ジャズピアニスト

当サイトの管理人のMonMonです。
都内近郊でのライブやセッションホストをしています。
ジャズピアノに興味がある方に向けて、情報発信をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次