現在、サイト修正中のため表示崩れが生じています。ご不便おかけしますが、ご了承ください。

【コード譜】Roy Hargrove “The Gift” 「Nothing Serious」より

Roy Hargrove The Gift

ジャズトランぺッターRoy Hargroveの「」というアルバムに収録されている”The Gift(ザ ギフト)”という曲の紹介です。

モンモン

譜面(コード進行)も載せているので参考にしてください。
※メロディーは著作権の関係で載せていません。

¥3,981 (2024/04/12 00:37時点 | Amazon調べ)
目次

Roy Hargrove(ロイ・ハーグローブ)とは?

Roy_Hargrove

Roy Hargrove(ロイ・ハーグローブ)はジャズ界ではトップレベルのトランペット・フリューゲルホルン奏者でした(話題にする時、”ロイハー”と呼ぶことが多いですね)。

モンモン

ストレイトアヘッドなジャズはもちろん、ファンク系も得意としていました(RHファクターなどが有名)。

しかし、2018年11月、腎障害による透析治療の最中に、心不全のためニューヨークの病院にて亡くなりました(享年49歳)。

モンモン

だいぶ前にブルーノートで聞いたことがありますが、本当に素晴らしい演奏でした。その時の演奏では特に”Girl Talk”に感動しました。メロウな音色に酔いしれましたね。

数多くの名曲・名演を残してくれたロイに感謝です。

The Gift (”Nothing Serious”より)のコード譜

今回は、 というアルバムに収録されているThe Giftという曲を紹介します。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

最初の8分音符5つ分のドラムの入りからカッコいいですよね。、

ラテン系のリズムも取り入れつつ、洗練されたハーモニーが美しい曲です。

メンバーリスト
  • Roy Hargrove : Flugelhorn
  • Alto Saxophone: Justin Robinson
  • Piano: Ronnie Matthews
  • Bass: Dwayne Burno
  • Drums: Willie Jones III
モンモン

自作のコード譜です。参考にしてください(再配布禁止)。

THE GIFT2
The Gift コード譜

解説

イントロでは、音を切りすぎるとニュアンスが変わってしまうので注意が必要です。

モンモン

音価をしっかり意識して練習するのがポイント。

ピアノソロの解説

著作権の関係で譜面は載せられませんが、ピアノソロの解説を軽くしておきます。

音源を聴いて以下を参考にしてください。

8小節目
左手がAb7→A7→Ab7と動きます(リードシートではAb△7としています、テーマではそのようなバッキングなので)。

17~18小節目
Fdim7とした方が説明がつくような音選びをしています。
実際に、Fdim7でアプローチしても全く違和感ないです。

19小節目以降
こういう進行ではソロを取りにくいですよね(笑)
むしろ変にコードと違うことをやろうとすると、あまりハマらないかもしれません。
ピアニストのRonnie Matthews(ロニー・マシューズ)もかなりシンプルなアプローチをしています。

さいごに

アルバム「Nothing Serious」はThe Gift以外にも良い曲がたくさんあるので、ぜひ聞いてみてください!

モンモン

タイトル曲のNothing Seriousもラテン系の曲で痺れますよ~!

¥3,981 (2024/04/12 00:37時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの管理人のMonMonです。
都内近郊でのライブやセッションホストをしています。
ジャズピアノに興味がある方に向けて、情報発信をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次