現在、サイト修正中のため表示崩れが生じています。ご不便おかけしますが、ご了承ください。

【ジャズ】ディミニッシュスケールとは?

独学初心者向けジャズピアノレッスン19

今回は、ディミニッシュスケール(全音/半音ディミニッシュスケール)について学びます。

前回のレッスン

>>『スケールの基本⑨ホールトーンスケール』

ディミニッシュスケールは、ディミニッシュコードと関係ありますか?
確かかなり暗い響きだったような・・・

モンモン

もちろん関係あります!
あと必ずしも暗いだけではないですよ?

目次

ディミニッシュスケールとは

ディミニッシュスケールは音程が全音と半音が交互に出てくるスケールで、不気味さ・暗い印象を与えます。

ディミニッシュスケールは三種類しかないので、覚えやすい部類のスケールです。

ホールトーンスケールも二種類だったし、覚えることが少なくていいですね!

ディミニッシュコードスケールの型
Cdim7, E♭dim7, G♭dim7, Adim7Cディミニッシュスケール型
D♭dim7, Edim7, Gdim7, B♭dim7D♭ディミニッシュスケール型
Ddim7, Fdim7, A♭dim7, Bdim7Dディミニッシュスケール型

例えば、E♭dim7ではCディミニッシュスケールと音の並びが同一なので、CディミニッシュスケールをE♭から始めればE♭ディミニッシュスケールとなります。

それではスケールを聞いてみましょう。

Cディミニッシュスケール
C#ディミニッシュスケール
Dディミニッシュスケール

の順に流れます。

Diminishe-Scale
モンモン

スケールを聞いただけでは、そこまで暗さも感じにくいかもしれませんね。

ディミニッシュスケールから導かれるディミニッシュコードdim7を聞くとわかりやすいかもしれません。

Cdim7を聞いてみましょう。

ディミニッシュコード
参考

ディミニッシュスケールのことを全音/半音ディミニッシュスケール
コンビネーションオブディミニッシュスケールのことを半音/全音ディミニッシュスケール
ということもあります。
コンビネーションオブディミニッシュスケール(通称コンディミ)に関しては次回解説します。

ディミニッシュコードのテンション

ディミニッシュコードにおけるテンションは、全音上のdim7コードです。

例えば、Cdim7の場合、全音上のディミニッシュコードはDdim7で、構成音全てがテンションとなります。

ちなみに、Cdim7(基本コード)とDdim7(テンション)を組み合わせると、Cディミニッシュスケールになりますよ。

ディミニッシュコードのテンション
Cdim7のテンション

ディミニッシュスケールを使った例

スケール中には増4度音程があるので、主にdim7で利用されます。

クラシックではショパンの別れの曲が有名だと思います(2:17~2:23あたり)。

YouTubeより ショパン 別れの曲

スケールというよりディミニッシュコードを連続的に使用していると言った方が正しいかもしれません。

出典:Chopin Etude Op.10-3より

赤い矢印以降の和音の動きはdim7の連続です。
譜面で見るとイヤになりますが、実際はかなりパターン化された音型です。

ディミニッシュコードは一気に緊張感を高める演出にもよく使用されます。

モンモン

さて、ジャズにおける例も見てみましょう。

ランディーウェストン(Randy Weston)LITTLE NILESという曲でディミニッシュコードを効果的に使用しています(2:00~2:20)。

こちらもまた、和音を平行移動していることがわかると思います。

ランディ・ウェストン – トピックより : Little Niles

ジャズにおいて、これだけ長くでディミニッシュコードを使用するのは稀ですが、それゆえにオリジナリティーの高い曲とも言えます。

モンモン

別れの曲と同様、緊張感を生み出していますよね。

パッシング・ディミニッシュコードとしての使用

長2度離れたルートを持つコードの間に置き、経過的(passing)コードとして使用します。
これをパッシング・ディミニッシュコードと呼びます。

「Ⅰ△7→Ⅰ#dim7→Ⅱm7→Ⅱ#dim7→Ⅲm7」のようなコード進行があった場合
赤字部分がパッシング・ディミニッシュコードです。

これによりルートが半音進行となるため、流れがスムーズとなります。

わかりやすい例としては、SERPENT’S TOOTHという曲のテーマが参考になると思います(動画0:20~0:23)。

Ⅰ△7→Ⅰ#dim7→Ⅱm7とうまくつながる理由

ヒントはディミニッシュコードの構成音にあります。

そういえば、ディミニッシュコードは2つトライトーンがあったような…

モンモン

それではKey in Cで考えてみましょう。

C#dim7には二つのトライトーンが存在します。

図中のトライトーン1はA7(E♭7)
トライトーン2はC7(G♭7)のトライトーンと共通です。

パッシングディミニッシュコード
パッシング・ディミニッシュコードの考え方

つまり、C#dim7はA7と機能的には同じであることがわかります。

C#,E,Gはそれぞれのコードに共通の音で
AとB♭についてもC#ディミニッシュスケールに含まれているので互換性が高いと言えます。

さらにA7はDm7への4度進行で解決するセカンダリー・ドミナント7thコードとして機能するので、
Ⅰ-Ⅵ-Ⅱ-ⅤのⅥ7と考えるのが妥当です。

回遊ディミニッシュコードとしての使用

Ⅰ△7の箇所で、Ⅰ△7→Ⅰdim7→Ⅰ△7とするのもよくある例です。

モンモン

バラードなど拍が長い箇所で使うと一定の演出効果があります。

ディミニッシュコードの使い方
Ⅰdim7→Ⅰ△7を使用する例

この場合は、緊張感・スリル感ではなく
アダルトな甘い響きを与え、不気味さは特に感じられません。

これも覚えておいて損はないと思います。

まとめ

ディミニッシュスケールのまとめです。

ディミニッシュスケールのまとめ
  • ディミニッシュスケールは全音→半音の繰り返しからなるスケールで3種類だけ
  • ディミニッシュコードを導く
  • 緊張感を生み出す一方、コード進行次第では甘美な響きになる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MonMonのアバター MonMon ジャズピアニスト

当サイトの管理人のMonMonです。
都内近郊でのライブやセッションホストをしています。
ジャズピアノに興味がある方に向けて、情報発信をしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次